ニキビが悪化する原因のケラチンリングとは?

ケラチンリングとは、毛孔角質肥厚のことで、男性ホルモンの分泌が過剰になることで形成されるといわれています。
ニキビは男性ホルモンの分泌が過剰になると起きるといわれていますが、男性ホルモン=男性しか分泌されていないというわけではありません。
また、大人ニキビではストレスや睡眠不足、疲れや不規則な食生活などが原因となって皮脂分泌が簡単に過剰になってしまいます。
さて、ケラチンリングが形成されてしまうと角質層が分厚くなってしまう事で毛穴が更にふさがってニキビが悪化する原因になってしまいます。
この治療は医療行為なので自分自身で行なう事はできません。
エステなどで行なうピーリングは濃度が10%以下ですが、皮膚科でのピーリングは濃度が30%~50%と強いので、ケラチンリングの状態にあわせて必要な方を選ぶと良いでしょう。
ニキビケアはDHCがおすすめ?