住宅ローン借換にメリットがある?

住宅ローン借換にメリットがあるかどうか見分けるには、単に金利が安いかどうかだけではなく、借換にかかる費用やローンの各種手数料も比較する必要があります。
金利が安くてもローンの借換には保証料や税金、各種手数料などのさまざまな経費がかかるため、これらの負担だけで数十万円におよぶ費用が生じてしまうということもあります。
もし、金利が安くなっても借換にかかる諸費用よりもその金額が小さい場合は、借換を控えたほうがよいでしょう。
諸費用を差し引いても借換にメリットがあるかどうか判断するための住宅ローンの金利差の目安は1パーセント以上であるといわれています。
1パーセント以上であれば、借換の諸費用を負担しても借り替えの恩恵が受けられる確率がとても高いです。
金利がキャンペーン期間の設定となっていて、キャンペーン終了後に高くなる場合もありますので、ローンを借りかえるときにはキャンペーン設定の金利でないかどうかも必ず確認しましょう。
住宅ローンは学生でも借りられる?親子リレー返済!【借入時の年齢は?】