株は取引そのものよりも配当金目的でするという方法もあります

株を始めたばかりの方でも利益を出せる効果的な方法は、焦って行動しないことです。
気になっていた銘柄が高い価格になっているからというので慌てて買い付けすると大抵は高値掴みということになりかねないのです。
どうして高騰しているのだろうか、暴騰しているのではないだろうかと株を買い付ける前にいったん頭を冷やして分析しましょう。
私は、とある株式会社の株主優待が得たいために株式投資を始めた初心者です。
やっと最近、株を買ったり、売ったりするのが難しく感じなくなってきました。
企業が株主に与える優待制度も様々あって、その会社の商品がもらえたり、割引された価格で買い物ができるので、どの銘柄に投資しようか考えてしまいます。
株の収益は、株価が変動したことで発生した利益と、会社から配当で支払われる金銭という利益の二種類あります。
株価の変動を読むことは難しいと思っているような初心者は、株価が安定するようになっている一定の配当を毎期支払う会社の株を買うことによって、配当による定期的な収入を得ることも良い投資の一つです。
聞いたことがあるとは思いますが、株の売買方法には、現物取引と信用取引があります。
やはり初心者にはリスクの高い信用取引はすすめることはできません。
自分の資金の範囲で投資できる現物取引から始める事をおすすめします。
入金した金額より損するリスクがないんですから。
ほかにも、優待狙いでじっくり株を持ち続けるのもアリだと思います。

NISA口座開設の注意点は?【取引で損をしない為の3つの選択肢】