教育ローン審査甘いの?モビットってまとめローンにも使えますか?

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの金利は金融機関によって大分差があります。

低金利なところだと1%台だったりするのですが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の教育ローンの場合は口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

また、金利の計算方法には2つあり固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクがないと思われます。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資し会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクなどの営利目的ではありませんので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

限度額は1000万円から2000万円となっており返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されることが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

高校生の学費が安いとは限りません。

私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校の場合、教育機関ですから即除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

国の教育ローン(教育一般貸付)であれば低所得者の方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンが借りれないという人には色々な要因があると思います。

まず、働いていなければなりませんから無職であったり年金受給者と言う人は貸してもらえません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定した収入を得ている証明が必要となります。

非正規雇用の人は最低でも2年以上、勤続年数がないと審査は厳しいです。

また、年収は200万円を下回るようであれば審査には通らない可能性が大きいでしょう。

教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までには全て用意しておく必要があります。

借入申込書はネット申請は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などといった、収入証明書類は必要になります。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。

何より一番肝心な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

医大などを目標にしている方は、教育ローンでいくらまで借りられるか?という事が気になりますよね。

いくらまで借りられるかは各種融資機関によって融資額は異なります。

国で融資してくれる教育ローンは最大350万円まで借り入れが可能です。

民間の銀行の場合は300万円から1000万円程度が一般的です。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わりますので、学校と提携しているローンが1番お得だとは限りません。

埼玉りそなの教育ローンについてご紹介します。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

変動金利になっているので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

りそな教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人であれば、割引金利1.80%が適用されます。

最大500万円まで借入可能で返済期間は1年単位で最長14年まで可能です。

在学中は利息分のみの返済も可能で、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

教育ローンの返済期間は医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

参考:教育ローン審査甘い?低金利でおすすめの銀行一覧【審査基準】

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

通常のカードローンとさほど違いはなく限度額の範囲内だったら自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

普通のカードローンと何が違うかというと教育資金以外に使えないことです。

信販会社や消費者金融に多い商品なのですがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費が明確になる初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

アルバイトの方でも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。

但し、ローンが組める人は20歳以上の成人でなければいけません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も審査に通る上で重要なポイントとなりますので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにしても借主が学生本人というのは稀なケースなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

銀行の教育ローンは普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

最近ではネット銀行も広く普及していますのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座があると優遇金利を受けられる銀行が多いです。

給与振込や住宅ローン利用でも金利が割引になる銀行もあります。

教育ローンという学生のためのローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中でおすすめは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

融資額は最高でも350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。

大学や高校のみならず専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料だけでなく学校納付金はもちろんのこと、在学のため必要となる住居費用の支払も認められています。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的には出来ないと言えるでしょう。

学費目的であても借金を背負うということですから借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのためには成人であることや安定かつ継続した収入があることが不可欠となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資が下りる可能性は高いと言えるでしょう。

教育ローンの受け取り方として一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの多くはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴をご紹介するとローン契約と同時に返済金額も確定となる点です。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

国が融資してくれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンはJFC日本政策金融公庫が管轄しています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円まで融資を受けることができます。

金利は年1.76%という低金利となっており固定金利なので利子の心配はあまりありません。

世帯年収や子供の人数によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

資金の用途は民間の融資機関よりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。