夜行バスの車内、ヒマすぎない?

長時間の移動でどうしても気になってくるのがスマホやゲーム機のバッテリー。

隙間時間だけいじっていたつもりでもあっという間に省電力モードに!と焦ったことがある人は少なくないでしょう。

充電が可能な乗り物として新幹線を思い浮かべる人もおられるかと思いますが実はなんと夜行バスにもコンセント付きのものがあります。

情報サイトでは特集を組んで比較されるほどに利用者に求められているサービスのひとつと言えます。

またそれぞれの座席に設置されているというのも便利ですよね。

いろいろな乗り物でお得な回数券が販売されていて例えば10回乗れる分の金額で11回乗れたりするのですが元の価格設定がかなり安い夜行バスにもあるのでしょうか。

サイトなどをチェックしてみますと窓口で販売されている会社がありました。

対象路線を何回も使う予定がこれからあるなら一度購入してみると良いかもしれません。

注意点として使える期限が決まっていたり当然ながら数枚まとめてあったりするので期限内に使いきる算段をたてなくてはいけません。

使いきれながった場合の払い戻しについても調べてから購入しましょう。

はじめての夜行バスで何を準備して良いかわからない人は車酔いや乾燥、むくみなどの対策を考えておくと良いでしょう。

乾燥にはマスクや飴、むくみには着圧ソックスやマッサージグッズがおすすめ。

また乗降場所は目印などを確認して間違えないようにしましょう。

普通の路線バスとは場所が違うことがほとんどですので地図をきちんと確認し時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

夜間の移動なら寝るということも考えて体をしめつけない服装にし歯ブラシなど身支度するためのアイテムも用意しておきましょう。

また貴重品はすぐ手の届くところに置いておくことをおすすめします。

バスでの長距離移動は特に女性一人で行く長旅となると防犯的にどうなのかという不安もあるかもしれません。

それでなくてもすっぴんになったり無防備な格好になったりするので異性の目がどうしても気になってしまうというのが本音なのではないでしょうか。

そんな声に応えてできたのが今人気の女性専用車両なのです。

ひとつのバスの中に男女別の専用エリアを設けているものもありますがバスの中全員女の人というのは気楽さが違います。

乗るバスは安心感で選びたいところですね。

ニュースで大型車の事故を見かけることがあります。

大きく取り上げられていたこともあり気になって印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

その名の通り高速道路を走っている車は速度を上げて走ることで流れを作っています。

技術的にも大きな車はそれだけで動かすのが難しいですし速度が上がるほどに移動するパワーは大きくなることになります。

事故の確率自体は突出して高いわけではないというお話もありますがマンパワーに頼った乗り物であることと相まって事故が起きてしまうと深刻な事態になり得るのかもしれません。

夜行バスの乗車券はどうすれば手に入るのか?とお思いの方のために予約の仕方をご説明したいと思います。

利便性が最も高いのがなんといってもネット。

空席状況の確認や席の指定がリアルタイムで簡単にできますし車両の説明も載っていたりするので確認しながら選ぶことができます。

また電話からという手段もあります。

この方法なら不明瞭な点も聞けるのでその点良いと思います。

一部では窓口に行けば直接購入できたり便利なところではコンビニ端末でも購入可能だったりするとか。

いろいろ選べるのはありがたいですよね。

乗り物が苦手という人にとって旅行中のプレッシャーと言えばずばり「移動」。

そんな不安を抱えたまま旅行に臨むのはちょっと嫌ですよね。

長距離バスではもちろん自分以外の乗客がたくさんいますし気分が悪いからといって気軽に降りたり停まったりすることはできません。

よってここではいくつか車酔いしないためのコツをご紹介します。

第一に前準備としては食事をするならあっさり系のものを腹8分目程度に、乗り物酔いの薬も効果的です。

特にお腹まわりをしめつけない服装を選ぶのが吉です。

乗車中におすすめの飲み物は炭酸水。

なるべく遠くの景色を見るようにしましょう。

長距離移動の最安値としておなじみの乗り物というとバスを挙げる人も少なくないでしょう。

東京と大阪をつなぐのに一番安いものは2000円ほどというあり得ないような価格を提示しているところも。

また夜の運行では特に睡眠に充てるのにぴったりな移動時間のものが多いのでむしろ時間が有効に使えて良いと考える人もわりかしいるそうな。

新幹線など他の移動手段と比較すると時間はかかってしまいますがその分格安の料金設定になっていると言えます。

メリットデメリットを合わせて検討したいですね。

東京大阪間は夜行バスがよく走っている区間の一つと言えるでしょう。

時間は8時間ほどかかりますが料金は数千円が相場です。

違う手段での移動を考えてみますとオーソドックスに新幹線なら3時間で14500円ほどの金額になります。

飛行機なら飛行時間は1時間強と早いですが空港までの行き来にかかる手間と一万円以上の金額がネックです。

こうして比べてみると費用面でのメリットが大きいのがバスでしょう。

そのときどきで移動の際求めるものは異なるでしょうから旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。

長距離の移動に夜行バスを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。

参照:夜行バスキャンセル料は?必ずチェック!【キャンセル連絡しなかったら?】

最大の利点として多くの人が認識しているだろうことは何より料金が安いということでしょう。

もちろん重要なのは安全面でもありますし安ければ良いわけではありませんので乗務員の勤務体制や健康チェックなど安全対策については調べておきたいですが、移動料金を節約したいと思う人にとってこれはかなり魅力的な部分だと思います。

他にも上手に使えば時間も有効活用できるという点も。

夜行なら普段の就寝時間帯に車内で睡眠がとれるので翌日の早朝から用事を済ませることができます。

これはプライベートの旅行でも嬉しいことですよね。

移動する間の長い時間をどのように使うかというのは夜行バス利用者としては考えどころです。

じたばたせず寝れば良いという潔い人もおられるでしょうがせっかくの時間を楽しんで使いたいと思う人もおられることでしょう。

チェックしてみますと無線LAN搭載車両を選べる会社も中にはあるようです。

ネットを使って仕事をしたりゲームを楽しんだりしたいときにも嬉しいですし、モバイル機器を持つ人が増えた昨今では需要が増えてきているのかもしれません。

もちろんこれらをいざ使うとなった場合には周りの人に配慮して光や音ができるだけ漏れないようにしましょう。

情報をまとめたサイトを見てもディズニーランド行きの夜行バスの人気は抜群のようです。

日本中にファンがいる国内屈指のテーマパークなわけですから毎日のようにバスが走っていても利用者が絶えないのでしょうね。

渋滞などがなければ大体現地に到着するのは開園時間の前なので時間を有効に使えますし降りてからの移動もほぼありません。

そのうえ基本的に格安料金なのでそこを節約できたら食事やお土産にまわすことができる分も増えますし、節約分をまた貯めれば行ける回数も増やせるかもしれません。

こういったことがあってたくさんの利用者に選ばれているのでしょうね。

交通手段は様々ありますがその中でも夜行バスは安価という点が大きなメリットとして挙げられると思います。

一方のデメリットはどんなものがあるか調べてみました。

様々な情報から安全性についての不安を感じる人も少なくないでしょう。

バスは乗務員の運転技術や体調に任されている部分も大きいですし安全面にどれだけ配慮しているかという点はバス会社を選ぶ最優先事項としましょう。

またどうしても到着時刻が前後してしまうので到着日の予定は余裕をもって組む必要があります。

他には同じ姿勢での長時間移動になるのでゆったりした服装にするなどしてできるだけ負担を減らしましょう。

たくさんの楽しい旅行のために日々頑張っているという人も少なくないでしょう。

せっかくですから使える時間やお金は大事にしたいですよね。

どちらもお得に観光するためのプランとして移動手段に長距離バスを取り入れてみるというのもアリだと思います。

料金面でのメリットが一番大きいところですが他にもメリットはあります。

休憩に訪れるSAでもおやつや景色などを楽しめますし、夜間の移動であれば仕事終わりに出発して次の日の朝から旅先をまわったり名物を食べたりすることも可能です。

待ちに待った旅行ですし上手にやりくりして満喫したいですね。

夜行バスで旅行する利点をいくつか挙げてみると、まず夜間の移動が可能なので例として出発日の夕方まで仕事をしたとしても寝て体を休めながら移動し朝早くから目的地で行動できるため時間を無駄なく上手に利用することが可能という点が挙げられるでしょう。

極端な話2泊車中泊とすれば間の一日全部を観光に使えるのです。

それからなんといっても移動にかかる料金の安さが大きなメリットです。

運んでもらう距離に比べたら驚きの料金設定だと思います。

そう考えると手軽な旅の手段として使いやすいですね。